<< 8・31民主党本部前抗議行動&動画ご紹介! | main | ラジオ番組 シルクロード核ハザード 第一回 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ご報告! 9・3東京高裁前活動!
☆ご報告! 9・3 東京高裁前

栃木県警巡査の発砲を支持! 凶悪支那人遺族と反日弁護士による民事賠償請求訴訟を許すな!

 平成21年9月3日、東京高裁にて警察官の発砲を受け死亡した支那人犯罪者遺族による栃木県を相手取った賠償請求訴訟の控訴審が行なわれた。この裁判は平成18年6月、警察官の職務質問に対して激しく抵抗するなどした挙げ句、石灯籠を振りかざすなどして襲いかかった支那人が警察官の発砲で死亡。これを受けて遺族が発砲は行き過ぎとして県を相手に5千万円の賠償を求め訴訟を起こしていたものだ。宇都宮地裁での一審では原告側の訴えは全面棄却されているが、日本国民に謝罪すべき凶悪支那人の遺族があろうことか控訴にまで踏み切っていたのである。
 なお、発砲した県警巡査は刑事告発においても遺族らの付審判請求によって「特別公務員暴行陵虐致死罪」で刑事罰に問われる見通し(裁判開始時期は未定)。


東京高裁前にて行なわれた県警巡査の発砲支持そして支那人凶悪犯罪を糾弾する街頭行動


警察官が実力行使できずして誰が国民の生命・財産を守るのか!?



凶悪犯遺族の賠償が認められるということは、警察官による発砲が著しく阻害され、国民の生命・財産は危険に晒される!



参政権、移民法案…

これから悪しき外国人が増加しつつある状況下で不良外国人に毅然と対処せよ!!



凶悪支那人に毅然と発砲した県警巡査は賞賛ものだ!!



一撃で仕留めた巡査を表彰せよ!!

凶悪支那人に断固発砲を!!




☆動画ご紹介!

PeeVee.TV版
凶悪シナ人から日本の治安を守れ!【前編】
凶悪シナ人から日本の治安を守れ!【後編】

YouTube版
凶悪シナ人から日本の治安を守れ!【前編】
凶悪シナ人から日本の治安を守れ!【後編】
再生リスト



新風連を応援クリック



| - | 16:39 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:39 | - | -
コメント
転載失礼いたします。


『請願受付』10月27日に決定 New!《日本解体法案反対請願受付国民集会&デモ》

請願受付国民集会会場:憲政記念館「17時〜19時45分」

請願書は、憲政記念館ホール受付で受領させて戴きます。(16時30分から19時45分)

17時、基調講演

17時30分から19時45分まで、保守系政治家のリレートークになります。

請願デモ:10月27日16時30分に日比谷公園噴水前を出発して、17時30分から19時まで、国会を日本人の輪で取り囲み、各々批判項目のシュプレヒコールを発して下さい。

直接国会議事堂に駆けつける方は、地下鉄「国会議事堂前駅」か「永田町駅」をご利用下さい。

〈日本解体法案反対請願受付国民集会&デモ〉の主旨

英霊にこたえる会・堀江元会長さんが、靖国神社代替施設反対の座り込みを、全国で実施すると述べているそうです。

94歳になられる堀江氏の愛国心に心を動かされる国民は、沢山いらっしゃることでしょう。

今回の衆院選の報道は異常でしたが、長年、国家観を蔑ろにしてきた自民党政治のなれの果てが今の姿です。

保守派の国民の怒りは、限界点を超えて、爆発寸前になっていることを、殆どの自民党国会議員は理解しておりませんでした。

それは、昨年の「国籍法改悪」のとき、すでに保守派の国民は自民党を見限っていたのです。

民主党政権発足で、日本解体に直結する法案審議が、国会で実質上スタートする10月中旬以降、保守系国民の怒りは、爆発寸前になっていると思われます。

そこで、今まで保守系国民がバラバラに開催していた、反対集会&デモを結集して開催することにしました。

請願受付国民集会&デモで、反対するテーマは以下の通りです。

1、靖国神社代替施設

2、民主党の拉致問題対策

3、外国人参政権

4、重国籍

5、偽装人権擁護法案

6、国立国会図書館恒久平和局

7、1000万移民推進

8、女性差別撤廃選択議定書

9、日教組教育復活

10、地方主権

以上、10項目の反対請願書受付とデモを実施することになりました。

当日、請願書を受付て頂ける国会議員と保守系政治家は、近々に発表します。

尚、現時点で了承して頂いている政治家は、すでに10名位になっております。

【全文掲載のみ転載フリー】
ジャーナリスト・水間政憲
| 転載者 | 2009/09/05 1:33 AM |
転載を有り難う御座いました。
| 新風連事務局 | 2009/09/08 4:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shinpuren.jugem.jp/trackback/779
トラックバック

qrcode