<< ラジオ番組 シルクロード核ハザード 第一回 | main | ご報告! 9・7東京地裁前行動! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
お知らせ! 9・7東京地裁前行動!
☆お知らせ!

「私生児(婚外子)発言が名誉毀損」第4回口頭弁論

<朝鮮人弁護士による『行動する保守』運動への破壊・敵対を許すな!>

政府主催での私生児発言が名誉毀損だと訴える反日極左と在日朝鮮人

【日時】
平成21年9月7日(月)
街宣開始13:00から 裁判開始14:00から

【場所】
東京地裁前
(裁判は第626号法廷)

※雨天決行 プラカードの持参歓迎

【連絡】
紫藤(090−4069−8849)
西村(090−2756−8794)


◆第三回裁判で土橋博子は訴えの変更と損害賠償額の上乗せ(110万円)を申し立てた。それに対して田中康郎裁判長は、土橋博子の「訴えの変更」はいたずらに裁判の引き延ばしに当たるとして、これを却下した。

◆被告の西村修平代表が行なった地裁前での「日本には私生児への差別はない。差別、私生児だ、妾の子だ、仮にそんなことね、耳に入ってきたって、さらりと、聞き流せばいいじゃないですか」などの街宣がまたしても土橋博子の名誉を傷つけたとするものだ。

◆土橋博子は今回の申し立て書で「原告が婚外子であるという事実を摘示するにとどまらず、原告が自分自身で差別される…」として、自分が婚外子であることを明らかにした。西村代表も我々も、この事実は第三回裁判で初めて知ったのである。
 一般論として「婚外子差別」に対する見解を述べてきたのであり、彼女を婚外子として認識した上で、彼女を対象に見解を披露してきたのではなかった。

◆これは自らの意にそぐわない相手を沈黙させるための訴訟の乱発であり、原告が経済的、時間的に西村修平代表の「行動する保守」運動を妨害する意図であることは明白である。

【呼びかけ】
主権回復を目指す会 せと弘幸Blog『日本よ何処へ』 NPO外国人犯罪追放運動 在日特権を許さない市民の会 外国人参政権に反対する会・東京





新風連を応援クリック



| - | 19:03 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 19:03 | - | -
コメント
続いての、御活動、誠に有難う御座います。
| | 2009/09/06 10:52 PM |
激励を有り難う御座いました。
| 新風連事務局 | 2009/09/08 4:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shinpuren.jugem.jp/trackback/781
トラックバック
ウリナラFairy Tale 〜竹島に続いて間島も・・・
わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 韓国の市民団体は終戦直後のドサクサにまぎれて日本から強奪した竹島に続いて間島も我が物にせんと妄想を逞しゅうしているそうだ。 中央日報/市民団体「間島を取り戻そう」 http://japanese.joins.com/article/article.php?a
| 愛国学園 teacup分校 | 2009/09/07 11:41 PM |

qrcode